職種や業種から探す

まず工場の職種や業種を把握しておこう

単純に工場求人と言っても、その職種や業種は様々です。お勤めする前に、どんなものがあるか把握しておくと良いでしょう。主な業種としては、金属、機械、科学、繊維、食料品といったものがあり、各地に大規模から小規模な工場があります。それらの工場の職種は、大きくわけると製造ライン、部品供給、ライン管理という3つにわかれています。短期の工場アルバイトの場合は、製造ラインと部品供給の求人が目立って多いです。製造ラインでは組立や加工や仕分けなどがあります。比較的すぐに取り組みやすい軽作業から、資格や技能を必要とする複雑な種類もあって多彩です。部品供給は言い換えると荷運びであり、完全な肉体労働とフォークリフト作業に分かれます。ライン管理は製造ラインの動きをチェックするのが主ですが、力仕事を含む場合もあります。

多様な工場の仕事から自分に合った求人を探す必要性

工場には多彩な業種や職種があるわけですが、確実に自分向きな求人を選び出す必要があります。何故なら自分に不可能な職種を選んでしまうと、わすか1日で辞めてしまうことにもなりかねないからです。工場勤務でも軽作業と肉体労働で内容に大きな違いがあるので、自分に体力があるかないかを見極めて選ぶことが必要になります。1日じゅう同じ場所で同じ作業を繰り返す職種の場合は、作業にうんざりしてしまう人もいます。同じ作業を黙々繰り返せる性格かどうか、考えてみてください。さらに職種によっては寮完備、日払い、食堂ありなど特典付きの求人も珍しくありません。例えばお金に困っている人の場合、無料の寮に入居できて毎日がお給料日になったほうが過ごしやすいのは当然です。とにかく自分に確実にできる仕事か、生活のプラスになるかを考えて業種や職種を選んでみてください。