勤務形態から探す

仕事と家庭生活を両立するなら日勤が中心の職場を探してみよう

工場の求人の探し方は人それぞれですが、仕事と家庭生活を両立しながら長く同じ工場で働きたい場合には、日勤が中心の職場を選ぶと良いでしょう。早朝や夜間の操業が行われていない工場においては、毎日の労働時間が変らないため生活のリズムが乱れる心配がなく、体力面の負担も少ないといったメリットがあります。また、土日祝日が休業日となっている工場は、私生活の時間を充実させたい人や、子育てをしている人にとっても魅力のある職場として位置づけられています。一般的に、日勤が中心の職場は、時間外手当の支給額が少ない傾向が見られるため、収入額を重視して職場選びをしたい人は、基本給やボーナスの金額が高い工場を探してみましょう。

体力に自信がある人は夜勤や早番がある工場を候補に入れよう

工場の勤務形態は職場によって様々ですが、体力に自信があり高収入を希望する人は、夜勤や早番がある工場を勤務先の候補に入れるのがおすすめです。工場によっては夜勤や早番の専門の作業員を採用しているところもあり、正社員以外にも契約社員やアルバイトなど時分に合う働き方を選ぶことも可能です。経営状態が良い工場の中には、雇用形態に関わらず長く夜勤や早番など変則勤務を担当した作業員を表彰したり、時間外手当の金額をアップしたりしているところもあります。そこで、夜勤や早番の勤務に関心がある人は、工場の求人探しをする際に年中無休で操業が行われている工場に目を向けて、いち早く求人の担当者に問い合わせをするのが有効です。