給与やその他の条件で探す

給与が高い業種や職種で選ぶ

工場の業種のなかでも自動車や半導体、通信機器や医療系などは給与が高い傾向にあります。自動車は需要が多い産業であるため、求人数も豊富で安定しています。そのため、従業員の賃金も比較的高めで設定されていることが多いです。半導体や通信機器も業績を順調に伸ばしているので、従業員の給料が上がりつつあります。また、医薬品や医療器具を製造している医療系の工場でも高い収入を得ることが可能です。しかし専門知識が必要であることや、人命や人体に影響を与える製品を扱っていることから神経を使う現場でもあります。

業種で選ぶ以外にも衛生管理者やクレーン操作など、職種で選ぶのもおすすめです。資格やスキルが必要ですが、身に付けることで給与アップにつながります。

工場の福利厚生で選ぶ

工場勤務は福利厚生が手厚いことが多いですが、より充実した工場で働くのがいいでしょう。まず寮費や光熱費ですが、無料であるところやかなり安めに設定されている工場があります。住宅費や光熱費は生活費の中でも比重が大きいので、無料もしくは安めの工場を選ぶと高収入ではなくてもしっかり貯蓄することができます。さらに食事補助が支給される、夜勤には無料で食事が提供されるといった工場もあります。

またお休みがしっかり欲しいという人は、年間休日が120日以上ある工場を選ぶのがおすすめです。比較的大きな規模の工場の正社員で働くと、年間の休日以外にもリフレッシュ休暇など特別休暇が付与されることもあります。さらに、完全週休二日制を取り入れている工場も少なくありません。福利厚生が充実していると仕事のモチベーションも上がり、長く勤めることができるでしょう。